シンガポールの料理 – バクテー(肉骨茶)

バクテー又は肉骨茶
シ ンガポールの20世紀の初めに、苦労しているの人たちとして平均的な食である。簡単な食でなく、それとも彼らの健康を高めるために食べられていた。それ 以来、バクテーはポピュラーな食物(特にシンガポールの朝食として扱われている)になっていた。文字通りに「豚肉骨」として翻訳すると、豚骨やハーブやス パイス(ニンニク、スターアニス、シナモン、クローブ、など)を含んでのスープである。普通には、バクテーに済ませと同時に、中国茶(工夫茶でも言われて いる)と一緒に用意している。

肉骨茶にあるの料理。。全部じゃないけど。。

メインディッシュ - バクテー


豚の腎臓



豚の大腸

野菜の漬物


中国風長揚げパン(ヨーティアオ)

シンガポールの料理 - 第1回

いつもみんなたちはシンガポールの料理に興味があったので、僕はこれをついて、ちょっと写真や情報を伝えると思う。


チリ蟹
ハードシェルのカニ使え、濃いトマトチリソースを調理され、シンガポールには有名な料理である。ソースを便利に食べられるために、マントウ(中国饅)とかパンが付いているである。チリカニ以外、黒コショウカニでも人気があった味である。


カレー魚頭(Curry Fishhead)
中華料理とインド料理の式を融合料理である。主材料はバラフエダイの頭、それで土 鍋を使え、いろいろな野菜と濃いカレーをとろ火でとろとろ煮込む。食べる時には、パンとかライスを付き、食べている。また、アサムカレー魚頭というバー ジョンもある。タマリンドジュースを加えて、カレーを甘酸っぱい味である。


ロティプラタ(Roti Prata)
インド料理の煎餅である。ロティプラタの生地はラード、卵、小麦粉と水から作ら れ、鉄板で焼いていて、皮がほどよくサクサクした。伝統的なロティプラタはカレーをつけて食べたが、なかなか人々は砂糖や練乳をつけて食べる場合でもある。24時間営業の店はおかげで、いつでも食べられるけど、シンガポール人の習慣は大体朝ごはんや深夜の料理をたべている。



ハイナンチキンライス (Hainanese Chicken Rice)

は シンガポールの国家料理と呼ばれる。普通の食堂だけでなく、高級なホテルには、この料理も見つられる。ライスはチキンスープを使え、米やいろいろな材料と 一緒に煮る、できたのライスはチキンの香りである。鶏の皮は真白で、肉がふわふわしていた。食べる時、チリやキュウリと伴う、最高の味である。


ナシルマッ(Nasi Lemak)
ココナツのジュースと米と一緒に煮るのライスである。それで、ご飯はオムレツ、フライドイカンビリス(アンチョビ)、ピーナッツ、キュウリ、サンバルチリ と一緒食べる。時にはフライドチキンやオタアーオタア(マレヤタイルの魚肉だんご)で食べている。伝統的なナシルマッはバナナの葉を使え、包まれる。


サテ(Satay)
マリネにしたキューブ形の肉を小さい竹ステッキに通す、炭火でバーベキューする。甘スパイシーなピーナッツソースにつけ、それと生タマネギ、キュウリ、ケトパ(マレやスタイルのお餅)と一緒食べている。サテの種類は鶏肉、牛肉、羊肉と豚肉。


バーベキューエイ(BBQ Stingray)
シンガポールの料理中に味蕾を挑戦である。イカの表面には、サンバチリに薄く塗りまま、鉄板で焼く。焼いたの外側がパリパリしていたが、中の肉の柔らかさや水分が保持された。それで、食べる前に、レモンまたはライムのジュースが上にかけて、チリと一緒に食べる。


チャー クェイ ティオ(Char Kway Teow)
シンガポールには焼きそば種類の一。この料理を使っているのそばは 米から作られ、真白扁形である。醤油とチリで味付け、エビ、ザルガイ、卵、大豆、中国ソーセージや魚肉だんごスライスを加え、繰り返す高温の油で焼き。こ の料理特色は、豚皮揚げが追加され、味を強調のである。



チャイ タゥ クェイ(Carrot Cake)
焼き大根という料理である。大根を小さなキューブの形を切れ、それで主要の調味料、醤油と使え、卵、ニンニク、タマネギなどの材料と一緒に焼き。シン ガポールでは、2つのバージョンの焼き大根がある。”白”バージョンは焼き時に、卵を加え、卵が焼き大根の皮になっている。 “黒”バージョンは、甘い醤油と卵混ぜて、黒っぽい色のである。